首都圏の再開発

JR横浜タワーにニュウマン(NEWoMan)横浜が出店、20年5月30日開業

投稿日:2017年1月9日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

JR横浜駅の駅ビルが建替えに

JR横浜駅が地上26階地下3階、高さ約135mに建替えで2020年開業予定。横浜駅のコンコースから地上、地下への導線をスムーズにし長年改築が続く日本のサクラダファミリアがようやく完成する。名称は「JR横浜タワー」

アトリウム広場は、4層吹抜けの明るく開放的な空間となる。

屋上デッキや回廊も整備される。

19年7月にアトリウムがあるエントランスが先行で公開された。

ニュウマン横浜、Tジョイ出店

1〜10階まで「NEWoMan(ニュウマン)横浜」が入居する。8〜10階までの一部を映画館「T・ジョイ 横浜」、地下3階から地下1階には「シャル(CIAL)横浜」が出店。

2階はライブやトークショーなどのイベントが行える約100平方メートルの「ライブステージ」を整備する。2~4階はコンコースやステージ、駅を出入りする電車を見下ろせる「街のラウンジ」として利用できる。壁面には約5m×9mの超大型ビジョンを設置し、プロモーションなどで利用する。

JR横浜タワー12階には、横浜港や横浜ベイブリッジが一望できる屋上広場「うみそらデッキ」を設置。ベンチやテーブル、カウンターなどを配置し、幅広い世代が憩える場所を提供する。

12階から26階はオフィスフロアとなる。

JR横浜鶴屋町ビルと連結

地上9階建てで、1~3階が商業施設「CIAL横浜ANNEX」、3~9階がホテル「JR東日本ホテルメッツ 横浜」、2~3階はスポーツ施設「ジェクサー・フィットネス&スパ横浜」と、4~9階が駐車場。3階に保育所、1階には駐輪場・自動二輪駐輪場ができる。

JR横浜駅MAP

-首都圏の再開発
-,

執筆者:

関連記事

横浜北仲タワー(横浜市)にオークウッド進出、分譲マンションや展望フロアも

横浜北仲タワープロジェクト概要 三井不動産レジデンシャルと丸紅は、横浜市中区の北仲通北地区に地上58階、地下1階、高さ199.95mの超高層複合施設を建設。 施設は総戸数約1100戸の分譲住宅及び宿泊 …

横浜スタジアム

横浜スタジアム(横浜市)DeNAが東京五輪に向けてボールパーク構想

DeNAがコミュニティボールパーク構想を発表 横浜スタジアム2018年に開業40年を迎え老朽化と収容人数不足が大きな課題となっている。2020東京オリンピックの野球、ソフトボール会場となることから増築 …

神奈川大学が横浜みなとみらいに進出、21階建の新キャンパス

みなとみらい43街区に神奈川大学 みなとみらいの43街区により神奈川大学(横浜市神奈川区六角橋)が進出決定。 神奈川大は、「みなとみらいキャンパス」(仮称)として、地下1階地上21階建て延べ4万660 …

東急竹芝再開発

東急が竹芝(浜松町)にステップテラスで浜離宮と一体化の39階建てビル

竹芝再開発計画 東急不動産と鹿島建設は、2社共同で竹芝地区開発計画A街区(業務棟)を着工した。東京都港区海岸1丁目の都有地を約70年間の定期借地によって借り受け、業務棟と住宅棟からなる全体延床面積約2 …

ZOZOが西千葉にオフィスや会議室がある新拠点、2020年度開設

ZOZOの新拠点が20年完成 ZOZOは、千葉県千葉市のJR総武線西千葉駅と京成電鉄千葉線みどり台駅周辺を中心とする「西千葉」エリアに、新拠点を建設すると発表した。 千葉市、千葉大学と包括的連携協定を …