100人、100通りの人生とまちの風景、キーパーソンに会いに行こう

【東京】瀬尾泰弘(ブリッジ)

家業のスーパーが経営破綻となり、上京し鳥取県のアンテナショップの立て直しなどで活躍する瀬尾泰弘さん。

プロフィール

鳥取県生まれ、東京在住。

家業のスーパーが経営破綻

鳥取県倉吉市で生まれ育ち、実家は鳥取県内でも有数の地場スーパーだった。高校を出て上京し日本大学に進学。大学時代はワーキングホリデーでビジネスマンの通訳兼付き人としてカナダに2年間渡った。地元に戻り、祖父が創業した家業に就職。フランチャイズで新規事業の書店の立ち上げや青果部門、ショッピングセンターの販促担当、店長などを歴任し経営に関わるが、リーマンショックが起きた年に会社は経営破綻をしてしまう。

自転車で故郷を飛び出し、身体を張って再始動

その後東京に自転車で向かい、もう一度身体を使って働きながら世の中を見たいと、派遣でビラ配りなどの仕事をしたり、精密機器の輸入商社に転職して営業マンとして全国を周りながら、未経験だったBtoBの世界でも経験を積む。

アンテナショップで再起

東京での生活に慣れてきた頃、当時新橋に鳥取(単独)のアンテナショップがあり、そこが売上不振で店長が不在になった為、空席となった店長就任の話を頂いた。当時勤めていた商社の社長からは別のポストも打診されるが、故郷への恩返しという気持ちもあり、2代目店長を引き受けて転職した。砂丘らっきょうをメインに販売改革を実行。徐々に売上は成長軌道に乗り、退任前には単月黒字化を達成する。

故郷の特産品を使ったプランで起業

内閣府 地域社会雇用創造事業100人の起業家を育てる目的で「農村六起」スタート。第一回ビジネスプランコンテストに入賞し、同企画での起業家第一号となり、株式会社ブリッジを設立。

「とっとり・おかやま新橋館」で故郷と消費地を橋渡し

鳥取のアンテナショップは閉店となり、その後鳥取県・岡山県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」の立ち上げに関わり、初代物販店長に就任した。山陰と山陽の両県が一緒にアンテナショップを構えるという珍しい店になった。岡山の白桃や鳥取の梨などフルーツが人気で、両県共同で運営することで、初夏からシーズンが始まると旬のフルーツが途切れることなく、店頭を彩った。生産者さんにも上京頂き、一緒にPR活動を行うことにより、首都圏の消費者へ産地の魅力を発信。地元生産者の代わりとなって首都圏の皆さんに、鳥取・岡山の良さを伝えた結果として、開店以来売上の右肩上がりを継続させる。

前回とは対照的な自治体のアンテナショップを立ち上げる

東京都庁に東京都アンテナショップ「TOKYO GIFTS 62」がオープン。そこでも立ち上げに関わり、初代店長となった。東京都の島嶼部と併せて62エリアで、生産者の活動や商品を紹介する。コロナ禍にて、開店の延期など厳しい状況だったが、取引先様の協力を得て開店・営業開始。各エリアの生産現場を訪問し、店舗メンバーと共にお話を伺う。地域の特徴、生産者の良さを伝えることを、接客に活かす仕掛けを実行する。

これからどうしていきたい

道の駅などの地方の商業施設のサポートや地域で活動している方の販路開拓・PRのサポート、アンテナショップなどの都市部の販売PRをサポートすることで地域と都市部をご縁でつなぎ「それぞれの持ち場で輝く人」を増やしていきたい。

パッションポイント

書店巡り、街の散策

公式サイト、出版物など

Instagram (@summermarket2021.tokyo)夏の全国特産品マーケット

ブリッジHP

チケット(私のできること、得意なこと)

・地域で頑張っている方をご紹介することができます。それぞれの地域のキーマンとの繋がりは、私にとっても宝です。そして、その方達が関わって作られた製品や産品の魅力をお伝えすることが出来ます。その魅力の効果的なアピールの方法などを一緒に考え、実行すること。現地で活躍されている方をご紹介し、その土地ならではの楽しみ方をお伝えできます。(特に、鳥取県・岡山県)

※チケットをお願いする時、『ソーシャルタウンガイド』を見たと連絡するとスムーズです。
※コンタクトはSNSのメッセンジャーから連絡をお願いします。

お気に入りの場所(ホーム)

目黒川沿い(ランニングコースです)

お気に入りの場所(アウェイ)

故郷の鳥取県倉吉市~鳥取市 国道9号線(海沿いの景観は良いです)

カナダ オンタリオ州 トロントの湖畔のエリア

トロントアイランド

つながり

安達元紀(山陰効果団地)

中尾誠二(福知山大学)

・丸田尚義(マルダ設計)

植田輝義(黄ニラ大使)

・中村功芳(瀬戸内ライフ)

※つながりは、紹介したキーパーソンとのつながり、または今後インタビュー予定の方です。

取材後記

安達さんからの紹介でインタビュー。経歴を振り返るだけでもすごい情報量で、いろんな経験もされていて驚きました。むかし流通業界とも仕事していたことがあるので、スーパーのお話など興味深かったです。またお話聞かせてください。(野田)

インタビュー・野田国広(編集部)
グリーンドリンクス川崎のオーガナイザーをはじめ、かわさき新聞などのWEBメディア運営、シェアオフィスのコミュニティマネージャーなどを勤める。福岡市出身、川崎市在住。
野田国広の記事一覧