東京の再開発

新国立競技場が2020年東京五輪メイン会場、8万人収容の巨大スタンド

投稿日:2017年2月1日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

隈研吾デザインによる新国立競技場

2020年開催が決まった東京オリンピックのメイン会場に隈研吾氏デザインによる新国立競技場。8万人収容規模のスタジアムとなり、オリンピック使用後はJリーグなどの試合が可能なスタジアムに改築を計画している。

47都道府県それぞれの地域で生まれた「杉」を使用する。木材はそれぞれの産地に向けた方角に並べられる。

最上階には1周約850メートルの散歩道「空の杜」を、スタジアムを囲うように設置。

収容人数は8万人

3層スタンド構造。五輪終了後は改装し、さらにスタンド増設の計画も。大会後はサッカーやラグビーの球技専用とする予定。

こけら落としは天皇杯

第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝を、2020年1月1日に東京・国立競技場で開催。

新国立競技場 アクセスとMAP

JR総武線「千駄ヶ谷駅」「信濃町駅」下車徒歩約5分
都営大江戸線「国立競技場駅」下車徒歩約1分
東京メトロ銀座線「外苑前」下車徒歩約15分

東京都新宿区霞ヶ丘町10番地2

-東京の再開発
-,

執筆者:

関連記事

虎ノ門・麻布台プロジェクト、森ビルが2023年完成を目指す

森ビルが新しいヒルズを整備 虎ノ門・麻布台エリアで森ビルが2023年の完成を目指してプロジェクトをスタートさせた。 広大な中央広場を街の中心に据え、オフィス、住宅、ホテル、インターナショナルスクール、 …

四谷駅前再開発、31階建タワーとにぎわい広場など

四谷駅前に超高層ビル建設 URと三菱地所は四谷駅前で再開発。公務員宿舎及び小学校の跡地を含むエリアに大規模な広場や地上31階建てのオフィ ス、商業施設、住宅、教育施設、公益施設などの多機能施設を整 …

JR中野駅南口にツインタワー、22年12月完成

タワーマンションとオフィスビル JR中野駅前に高さ約145メートルのタワーマンションと約120メートルのオフィスビルを建設。2019年10月着工、22年12月に完成予定。 地上37階建てのタワーマンシ …

東急目黒線が2022年から8両化に、相鉄・新横浜線直通に伴い

東急目黒線・埼玉高速鉄道など8両化に 目黒線では2022年度上期から順次、8両化される。日吉駅で目黒線、東横線から接続し、相模鉄道(相鉄)の相鉄・東急直通線(相鉄新横浜線西谷~新横浜間)へ直通する東急 …

銀座に日本版ハイレーン構想、高速道を遊歩道公園に

高速道路を遊歩道化に 東京都中央区は銀座エリアの首都高速道路KK線の遊歩道化計画を発表した。KK線は全長約2キロで、八重洲と新橋などを結ぶ。 ニューヨークには、ハイラインという貨物線跡の高架約2キロを …