東日本の再開発

東京ディズニーシーの新エリア「ファンタジースプリングス」イメージ公開

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

TDSの新テーマポート「ファンタジースプリングス」

2022 年度中の開業を目指す、東京ディズニーシーの新テーマ ポートの名称が「ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)」に決定。東京ディズニーシーを拡張し、ディ ズニーホテルを有する 8 番目のテーマポートを新たに開発。

新テーマポート、ファンタジースプリングスは“魔法の泉が導くディズニーファンタ ジーの世界”をテーマとし、幅広い世代に愛されているディズニー映画の世界が再現され ます。ファンタジースプリングスに足を踏み入れたゲストは、魔法の水が流れる滝や池に 遭遇し、ディズニーの物語の世界へといざなわれていきます。

その先にはディズニー映画 『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』を題材とした 3 つのエリ アが広がり、ゲストはそれぞれの物語をアトラクションやレストランなどで体感すること ができます。

また、パーク内に位置し、最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルが、 泉を臨むようにそびえ立ちます。 ファンタジースプリングスに誕生する 4 つの新しいアトラクションと 3 つのレストラン と 1 つのショップ、そしてディズニーホテルはすべて、このプロジェクトのために新たに 開発されるものです。

-東日本の再開発
-, ,

執筆者:

関連記事

JR山形駅前ビブレ跡の再開発計画案が発表

山形ビブレ跡地などを再開発 「旧山形ビブレ」の跡地を含めたJR山形駅東口について、山形市は、再開発案を発表した。 再開発地域の面積は、旧山形ビブレ跡地と北側の民間ビル2棟に市道を合わせた3711平方メ …

東京ディズニーシーを拡張、アナ雪、ラプンツェル等のエリア建設

東京ディズニーシーを大幅に拡張し2022年度中に開業 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーに隣接する駐車場を転用し、東京ディズニーシーの敷地を拡張する計画。8番目のテーマポート「魔法の泉が導くディ …

横浜旧市庁舎となりを三菱地所が再開発

横浜市は、2020年春から市庁舎をみなとみらい線 馬車道駅近に移転した。今回の再開発エリアは、JR根岸線と尾上町通りに挟まれた、旧市庁舎街区に隣接する約1.4ha。老朽化した建物を第一種市街地再開発事 …

横浜アンパンマンミュージアム&モール、みなとみらい内に移転

みなとみらい内に移転し、2倍に拡張 「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」は、2019年夏に移転すると。これまでの2倍の広さに、参加体験型アクティビティーを増やす。 地下1階~地上3階建てで、 …

横浜関内に商業と住居の産学連携複合施設

JR関内駅前に再開発ビル JR関内駅と尾上町通りにはさまれた、旧市庁舎街区に隣接する約1.4haとなる。今年度から都市計画協議・事業計画案を検討し、2023年度都市計画決定、2025年度権利変換計画認 …