東日本の再開発

東京ディズニーシーを拡張、アナ雪、ラプンツェル等のエリア建設

投稿日:2018年6月14日 更新日:

LinkedIn にシェア
Pocket

東京ディズニーシーを大幅に拡張し2022年度中に開業

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーに隣接する駐車場を転用し、東京ディズニーシーの敷地を拡張する計画。8番目のテーマポート「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」をテーマとし、「アナと雪の女王」、「塔の上のラプンツェル」、「ピーター・パン」の3つのエリアで構成。

アナと雪の女王エリア

「アナと雪の女王」を舞台とするエリアは、雪の女王エルサが、氷の魔法を受け入れたあとの世界が広がり、ゲストは門が開かれたアレンデール王国を訪れることができる。

アナとエルサ 2人の姉妹の心温まるストーリーをめぐるアトラクションと、美しい雪山のふもとにあるアレンデール城の中にレストランを導入する。ゲストはボートに乗り、アナとエルサの心温まる物語をたどる。心に残る数々の映画の名曲と共に、ちょっとしたスリルも体験できる。

ラプンツェルエリア

「塔の上のラプンツェル」をテーマとし、ラプンツェルの塔が森の奥深くにそびえるエリアでは、ラプンツェルと一緒に、映画の中で描かれたランタンフェスティバルを訪れるアトラクションや、映画に登場する愉快な荒くれ者たちの隠れ家をテーマにしたレストランでの食事を楽しめる。

新しいアトラクションでは、ラプンツェルにとって「今までで最高の日」となるランタンフェスティバルに向かうまでの道のりを体験できる。ゴンドラに乗ったゲストはラプンツェルと一緒に進み、フィナーレでは、映画の感動的な名曲と共に、美しく揺らめく数えきれないほどのランタンの灯りに包まれる、ロマンスに満ちた体験を提供する。

ピーターパンエリア

「ピーター・パン」が舞台のエリアでは、ピーターパン、ティンカーベル、ロスト・ボーイズが住むネバーランドで、ゲストは、彼らと一緒に新たな冒険に出発する。

ネバーランドのジャングルを飛び立って海賊たちと戦う大型アトラクションと、ティンカーベルと妖精たちが住むピクシー・ホロウを訪れるかわいらしいアトラクション、ネバーランドの素晴らしい景色を眺めながら食事ができるレストランを導入する。

2つのアトラクションのうち、大型アトラクションでは、海賊にさらわれたウェンディの弟ジョンを救うため、ゲストはボートに乗り込み、ロスト・ボーイズのあとを追って川を下り、ティンカーベルのピクシーダストでネバーランドの上空へと飛び立つ。

ディズニーシーホテル

新たなディズニーホテルは、新テーマポートのストーリーの核となる魔法の泉を囲むように建設する。

ディズニーファンタジーをテーマとしたホテルでは、壮大で美しい新テーマポートの全景を、パークに面する客室の窓から臨むことができ、ゲストは魔法がかったパークと一体となった宿泊体験を楽しめる。

475室を有するホテルで、デラックスタイプの客室に加え、一部は、東京ディズニーリゾートで最上級の宿泊体験を提供するラグジュアリータイプの客室で構成する。また、パークに面したホテルの1階部分には、商品店舗を導入する。




-東日本の再開発
-

執筆者:

関連記事

札幌すすきの駅前再開発、ススキノラフィラ跡地に2023年秋開業

地上18階建ての商業施設 地下2階~18階建て、高さ約78mの複合施設を建設する計画。公共交通機関の乗り換え駅としての交通結節点機能も強化する施設で、1階には地下鉄運行時間中に通行可能な屋内貫通通路を …

上瀬谷(横浜市)に三菱地所などがテーマパークや新交通システム

上瀬谷通信施設跡地を再開発 横浜市の上瀬谷通信施設(同市旭・瀬谷区、約242ヘクタール)跡地に、テーマパークを核にした複合施設を誘致する考えを明らかにした。 跡地を「農業振興」(約50ヘクタール)、「 …

横浜山下ふ頭IR誘致、横浜市が近く正式に表明へ

ハーバーリゾートへの旅 それはまるで世界へ出航する帆船のように、横浜IRは横浜に新たな風景をつくります。 世界を代表する都市型ベイリゾートYOKOHAMAへ 「横浜らしさ」の根幹である文化都市の洗練さ …

スズラン前橋店移転で前橋最大規模の再開発

百貨店や図書館、JINS本社など スズランの本館や新館がある東街区の開発構想を示した。学校を誘致する教育文化施設は4階建て以上、複合マンションは14階建てとし、2031年度の開業を予定。駐車場やイベン …

西武ドームが40周年記念にボールパーク化構想

西武ドームがボールパークに 西武ライオンズの本拠地(西武ドーム:メットライフドーム)が180億円をかけて大改修を行う。老朽化した座席などをリニューアルするほか、外周やドーム前を一新する。 獅子ビル内に …