東京の再開発

虎ノ門・麻布台プロジェクト、森ビルが2023年完成を目指す

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

森ビルが新しいヒルズを整備

虎ノ門・麻布台エリアで森ビルが2023年の完成を目指してプロジェクトをスタートさせた。

広大な中央広場を街の中心に据え、オフィス、住宅、ホテル、インターナショナルスクール、約150店からなる商業施設、文化施設など、多様な都市機能を複合的に融合させた「ヒルズの未来形」を構築する。

 

延床面積約86万400平方メートル、オフィス総貸室面積21万3900平方メートル、住宅戸数約1400戸、メインタワーの高さは約330m、就業者数約2万人、居住者数約3500人、想定年間来街者数2500~3000万人。

屋上なども含めた緑化面積は約2・4ヘクタール。中央広場を核として建物などを配置する。

最寄駅は南北線の六本木一丁目駅、日比谷線の神谷町駅となる。

-東京の再開発
-, ,

執筆者:

関連記事

田町駅東口にオフィス、ホテルの超高層ビル建設、2020年春完成を目指す

TGMM芝浦プロジェクト 東京ガス、三井不動産、三菱地所が東京都港区のJR田町駅東口で進めている「TGMM芝浦プロジェクト」で、「B棟」が8月に着工。20年3月末の竣工を目指す。 田町駅に近い敷地の西 …

築地市場跡地は、MICE国際会議施設などを整備

五輪後に整備着手 東京都は、旧築地市場跡地の23ヘクタールを4つのゾーンに分けて再開発。2020年の東京オリンピック期間は選手らの輸送拠点として活用し、大会後に着手する。 「おもてなしゾーン」・・・M …

としまえん閉園へ、跡地にハリーポッターテーマパーク

23年春にハリーポッターテーマパーク 西武ホールディングスは、練馬区のとしまえんを20年度から段階的に閉鎖していき、跡地の一部には米映画大手ワーナー・ブラザースが人気映画「ハリー・ポッター」のテーマパ …

JR中野駅南口にツインタワー、22年12月完成

タワーマンションとオフィスビル JR中野駅前に高さ約145メートルのタワーマンションと約120メートルのオフィスビルを建設。2019年10月着工、22年12月に完成予定。 地上37階建てのタワーマンシ …

神宮前6丁目地区再開発、表参道に新たな商業施設

2022年完成目指す 表参道東急プラザの斜め向かいに、神宮前6丁目地区再開発が始動する。地上10階建で地下3階、商業施設のほか屋上広場、公共施設などが入る。2020年9月に着工し、22年9月完成予定。 …