東京の再開発

JR東日本が大井町にツインタワー建設

投稿日:

LinkedIn にシェア
Pocket

車両基地を望むツインタワー

JR東日本が、東京都品川区で計画する「大井町駅周辺広町地区開発」事業の工事に本格着手する。同社の社宅跡地と品川区の区有地を合わせた敷地面積約3ヘクタールの土地に、オフィスや商業施設などで構成する総延べ約26万平方メートルの複合施設を整備する。再開発事業に合わせて同駅の改良工事も行う。JR東日本によると、施工は竹中工務店を予定し、近く正式契約する。4月に本体工事に着手し、2025年度末の完成を予定する。

計画地は広町2、大井町1(敷地面積約2万9400平方メートル)。JR線と東急電鉄の大井町駅の北西に位置する「A-1地区」の施設は地下3階地上26階建て延べ約25万平方メートル。高さ約115メートルを想定する。ビル内は▽オフィス(延べ約12・4万平方メートル)▽商業(約1万9700平方メートル)▽ホテル(285室)▽賃貸住宅(290戸)▽駐車場(369台)-が入る。

道路を隔てて隣接する「A-2地区」には地下2階地上2階建て延べ約9100平方メートルの施設を整備。延べ1100平方メートルの商業施設と駐車場(106台)を配置する。設計はJR東日本建築設計。事業費などは未定。7日に東京都内で会見したJR東日本の深澤祐二社長は「年間130億円の収益を得たい」とコメントしている。

再開発事業と並行し、大井町駅東口駅舎も改良する。開発街区に直結する改札や出口の新設、コンコースの拡張などを行う。区と連携して駅前広場(約4600平方メートル)も整備する。災害時には約3000人の帰宅困難者を受け入れられるようにする。

-東京の再開発
-

執筆者:

関連記事

築地市場跡地に5万人スタジアム、劇場、商業施設など2032年開業

三井不動産、読売新聞社などから構成 東京都は東京・中央区の築地市場跡地(約19ヘクタール)を再開発する「築地地区まちづくり事業」の事業者に、三井不動産や読売新聞グループ本社など11社で構成する企業グル …

ドンキホーテが渋谷に28階建の大型商業施設、ホテルを建設

旧ドンキ渋谷跡地に高層ビル ドンキホーテは旧ドンキホーテ渋谷店跡地にホテル、商業施設を建設する。 11〜28階・・ホテル 4〜10階・・・オフィス 1〜3階・・・・商業施設 ホテルは300室で28階建 …

アルバルク東京がお台場に新アリーナ

1万収容アリーナ トヨタアルバルク東京株式会社(以下、トヨタアルバルク東京)は、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ自動車)、トヨタ不動産株式会社(以下、トヨタ不動産)とともに、東京都江東区、トヨタのシ …

東急東横店が2020年3月で閉店、スクランブルスクエアの第2期建設へ

渋谷駅再開発にともない閉店 東急百貨店は、渋谷駅で運営する東急東横店の営業を2020年3月31日で終了。 地下1階で営業する食品売り場「東急フードショー」など一部は営業を継続するが、1934年に開業し …

帝国ホテルが建て替え、2036年完成予定

新本館のデザイン発表 帝国ホテルは、2036年に完成予定の帝国ホテル 東京 新本館の外観デザインを発表した。コンセプトは「東洋の宝石」とし、フランス在住の建築家 田根剛氏のデザイン案を採用する。 建て …